報告③

                     
  今倉山―二十六夜山              
    6月3日(土) 晴 参加者8名〔男性3名 女性5名〕 吉澤博明      
    〔参加者名〕 大西美和 米倉秋子 武井博雄 川庄和子 東 桂子 濱岡真佐子 金子秀樹   
            ◎吉澤博明            
     緑が映えるブナ・カシなどが茂る雑木林の尾根歩き、道志山塊随一といわれる、赤岩からの展望  
    楽しみました。足元では、ギンランがお出迎えてくれました。        
                     
  早春の尾瀬ヶ原へ              
    6月5日~6日(火) 晴 参加者5名〔女性5名〕 海老井稔枝    報告者:野口久子  
    〔参加者名〕 伊藤ヨネ子 二見郁子 神田保子 ○野口久子 ◎海老井稔枝     
    一日目 鳩待峠から残雪の道を下り、本日の宿山ノ鼻小屋へ向かうが途中期待していたミズバショウ  
          の群落はまだ芽吹いたばかりだった。宿に荷物を置き、植物研究路を歩く。こちらは  
          大群落、白く清楚で美しい                                                            
    二日目 晴天の中ヨッピ橋まで歩き、残雪の山々とミズバショウの咲きほこる尾瀬の景色を存分に  
          楽しみました。            
                     
 

 

源次郎岳―境沢ノ頭―大天狗山

         
    6月10日(土) 晴 参加者16名〔男性6名 女性10名〕 益田武良      
    〔参加者名〕 岩瀬勝美 岩井祐子 ○岡山  正 齊藤澄子 斉藤洋子 斉藤宗子 佐々木愛子   
             篠崎文雄 西村栄一 濱岡真佐子 前畑さと子 山崎洋子 米倉秋子 高原春子   
             熊井喜美雄 ◎益田武良          
     梅雨入りしたにもかかわらず真夏日となり、暑さ対策が懸念されたが、広葉樹の高木が終始直射  
    日光を遮ってくれた。境沢ノ頭あたりまではエゾハルゼミが大合唱、延々と続く緑のトンネルからは  
   

木漏れ日も差し込み、心地よい森林浴を楽めた。大天狗山からは、南東側尾根を下る予定だったが、

途中に岩場の急な下りがあるため南西側尾根に変更した。水野田山を過ぎたあたりからは、このところ歩く人がいないらしく踏跡は不鮮明、下山予定の松智院裏手は竹がヤブと化していた。

 
    動物よけのフェンスを抜けて15時前に甲斐大和駅へ下りた。  
       
             
                     
  ≪レディス186≫ ゆる山歩きその6 大平山        
    6月15日(木) 晴 参加者6名〔女性6名〕 近藤恵美子        
    〔参加者名〕 伊藤ヨネ子 鎌田文子 斉藤宗子 ○野口久子 ○海老井稔枝 ◎近藤恵美子  
     大平山は、県立自然公園関東ふれあいの道として整備され、アジサイが見頃を迎えていました。  
                     
  鷹ノ巣山―石尾根―奥多摩駅            
    6月17日(土) 晴 参加者5名〔女性5名〕 川庄和子        
    〔参加者名〕 高松千枝子 田口光江 尾崎洋子 大武克子 ◎川庄和子      
     三沢集落を過ぎて浅間神社の石段から浅間尾根となる。雑木林の中を山頂目指して向かうと・・・  
    避難小屋に着いた。山頂まではもう一登りでした。山頂には多くの人達がいましたが、また、ブヨも  
    いて皆かなり刺されました。これからは虫対策が必要だ。ロングコースの終盤の石尾根を下り、  
    爽やかな風を浴びて無事終了しました。          
                     
  真昼岳―女神山、南本内岳―焼石山          
    6月27日~30日(金) 晴 参加者8名〔男性2名 女性6名〕 岡田久枝    
    〔参加者名〕 横山美智江 (山口圭子) 山川美恵子 山川和雄 岩井寿夫 鈴木マサ子   
             古谷ヒロ子 ◎岡田久枝          
     当日は角館の武家屋敷の見学、翌日の真昼岳からは360度の好展望、早池峰山、雪をいただく  
    鳥海山、焼石連峰に栗駒山など。南本内岳は林道が不通の為、コースを一部変更し三合目登山口  
    から登るがまさに花ロード、最後まで花が続く。翌日希望者は平泉駅で下車し中尊寺金色堂、  
    毛越寺を見学する。好天気に恵まれた4日間でした。        
                     
 

 

花山行 100回記念≫ 吾妻連邦

         
    7月6日~7日(金) 晴 参加者19名〔女性19名〕 棚橋紀美子   報告者:佐藤洋子  
    〔参加者名〕 小林富子 小川正子 北野峰子 大西美和 佐藤洋子 梶山孝子 斉藤宗子   
             深谷治代 繁野洋子 濱岡真佐子 広瀬百代 鎌田文子 岡田久枝 伊藤ヨネ子   
            須藤きさ (青山イツ 島田良許) 〇海老井稔枝 ◎棚橋紀美子    
     昼はたくさんの花を見、夜はたくさんの料理を前に福引きに興じた。100回を誰よりも楽しみに  
    していた近藤リーダーも喜んでくれたと思う。宿の方から同年代の他の団体より、ずっと若々しい  
    とほめられた。              
                     
 

 

≪川ヤン山行 №32≫ 甘利山

           
    7月9日(日) 晴 参加者9名〔男性2名 女性7名〕 川庄和子      
    〔参加者名〕 西岡俊治郎 萩原宏行 岩井祐子 内田由美子 東 桂子 斉藤治枝 米倉秋子   
             斉藤洋子 ◎川庄和子                
     韮崎駅よりタクシーにて広河原に着くとさわやかな空気が流れていました。案内表に従い遊歩道を  
    登ると数十分で山頂でした。後は、ダケカンバ、カラマツや笹と気持ちよく、大西峰、千頭星山山頂  
    には数名の人達が休んでいました。昼食を済ませ来た道を戻ることにしました。帰路は1時間10分と  
    普段健脚で歩いている方はものたりなかったでしょう。        
                     
 

 

奥入瀬渓谷と八甲田山

           
    7月12日~13日(木) 晴 参加者9名〔男性4名 女性5名〕 後藤勝弘    
    〔参加者名〕 田口光江 高原春子 東 桂子 鎌田文子 福地菊恵 林  清 武藤 尚 萩原宏行  
             ◎後藤勝弘            
     十和田湖畔の子の口から「歩けや奥入瀬三里半」14kmの道を歩き出す。滝を見ながら遊歩道を   
    行く。大勢の観光客 が思い想いに楽しんでいる。酸ヶ湯温泉の千人風呂は昔ながらの風情を残す。  
    湯治客も多くにぎわっている。チングルマ、コイワカガミ、オダマキ、シャクナゲなどの花を見ながら  
    八甲田大岳へ、360度の大展望を楽しむ。井戸岳、赤倉岳の周回コースからワタスゲ、シャクナゲ  
    の咲く毛無岱から酸ヶ湯温泉へ下る。温泉で疲れを癒し帰途に着く。