報告②

 

                     
  日光 杉並木街道を訪れる            
    5月1日(月) くもり時々小雨 参加者12名〔男性1名 女性11名〕 海老井稔枝      
                                            報告者:野口久子  
    〔参加者名〕 棚橋紀美子 辻橋貞明 辻橋 慈 土屋三恵子 山口貞子 伊藤ヨネ子 広瀬百代   
             ○野口久子 平山今紀江 鎌田文子 斉藤宗子 ◎海老井稔枝    
     全長37㎞。道の両側にそびえ立つ樹齢370~380年の巨木が続く世界一の杉並木。小川の流れ、
    スミレ、ニリンソウ、ユキザサなど春の花も多く咲く道をゆっくりと散策しました。    
                     
  タル沢尾根―榛ノ木尾根            
    5月11日(木) 晴 参加者17名〔男性7名 女性10名〕 益田武良      
    〔参加者名〕 安念 満 岩井祐子 植村映子 大武克子 武井博雄 鎌田文子 川庄和子   
             西村泰一 土金真人 斉藤洋子 佐々木愛子 熊井喜美雄 濱岡真佐子   
             平山今紀江 横山美智江 ○岡山 正 ◎益田武良      
     東日原バス停から下降して日原橋を渡り取付口へ。いきなりの急登が840m圏まで続き、その後も  
   

断続的な急登と暑さにフーフーいいながらも自然林の新緑のやさしさに気持ちも和んだ。

ゆったりした将門馬場でゆっくり昼食。六ツ石山の山頂には、連休前通った時に無かった立派な

 
    山名石板(塔)がいつのまにか建てられていた。榛ノ木尾根ではルートから外れているため、あまり歩  
    かれていない沖ノ指山、イソツネ山に立寄り、15時10分境橋バス停へ下山した。  
           
                     
  船坂山、赤火岳―石仏            
    5月11日~12日(金) 晴 参加者6名〔男性2名 女性4名〕 小林富子    
    〔参加者名〕 後藤勝弘 山川和雄 山川美恵子 前畑さと子 児玉久子 ◎小林富子    
    初日、ぶどう林道から歩く。船坂山から先が岩ありヤブありでアカヤシオが咲きすばらしい。二日目は  
    ぶどう峠から・・・。赤火岳までアカヤシオが両側にいっぱいだ。弥次ノ平までは良いがその先は倒木  
    ありヤブありでトレースはごくうすく、思ったより大変で時間を要した。何とか予定の場所に着きほっとした。
                     
 

 

鈴ケ岳、足尾赤倉山―半月山

           
    5月15~16日(火) くもり 晴 参加者9名〔男性4名 女性5名〕 後藤勝弘    
    〔参加者名〕 斉藤洋子 小林富子 虎頭文枝 東 桂子 関 和子 澤浦久忠 安念 満   
             武井博雄 ◎後藤勝弘          
      昨年この時季、ヤマツツジとアカヤシオが満開の情報を得ての山旅。鈴ケ岳から五輪峠のヤマツツジの 蕾はまだ固く、ビジターセンターの篭山のアカヤシオを見て今日の宿サンレイク草木へ向かう。  
    二日目 快晴 間藤林道終点から深沢沿いの古道を登り尾根に取付く。ヤマツツジが急登の疲れを  
    癒してくれる。赤倉山からは広い笹原にダケカンバが点在し牧歌的で美しい。ピーク、ピークから  
    男体山、日光白根、皇海山、社山が眺められる。1511mからの稜線にアカヤシオ、足も軽くなる。  
   

半月山への道で熊と遭遇、30m先を横切って行った。半月山では一面に鮮やかに咲くアカヤシオに

 
    迎えられ満足の山行となった。  
   

 

           
                     
  ≪花山行 №99≫南アルプス 鷲ノ住山          
    5月17日(水)  晴 参加者19名〔男性2名 女性17名〕 棚橋紀美子        
                                      報告者:深谷治代    
    〔参加者名〕 佐藤洋子 小川正子 土屋三恵子 梶山孝子 須藤きさ 北野峰子 辻橋貞明   
             辻橋 慈 深谷治代 澤浦久忠 伊藤ヨネ子 繁野洋子 平林陽子     
             (青山イツ 島田良許 木村益代 速水寛子) ○海老井稔枝 ◎棚橋紀美子  
     ワゴン二台に分乗し新宿を出発したが、たちまち中央道下り道路工事のため渋滞になる。さらに、  
    夜叉神荘唐崎の林道は残雪があり、今年はまだ十日も先の開通とのこと。リーダーは苦渋の選択で  
    夜叉神峠往復とすると事前に伝えられた。山に入れば、下界の緑はたちまち若緑になり、歩き易い  
    峠までは芽吹いたばかりのカラマツは柔らかく、新樹はこの時期のみのうれしい眺めだ。くもり空なの  
    で白峰三山の壮大な展望は無いが、北岳大樺沢の雪渓を目前にゆっくり昼食。花も実も付かない  
    実生や葉からいっぱい教えていただいたが、覚えられませーん。明るいうちに八王子に帰着する。  
                     
  富士山 御中道              
    5月27日(土) 晴 参加者4名〔男性1名 女性3名〕 吉澤博明      
    〔参加者名〕 平山今紀江 米倉秋子 大西美和 ◎吉澤博明      
     なめていました。簡単な山行と思っていましたが、奥庭からは山道。滑沢の崩落で道が分断され、  
    登ったり下ったり。ルートファンディングで苦労し、藪漕ぎも。登山ではなく、横移動でしたが、大沢  
    からの富士山頂は大絶壁。南アルプスの展望を楽しみ、奥庭BSに降りました。    
                     
  ≪川ヤン山行 №30≫千足尾根―馬頭刈尾根         
    5月28日(日) 晴 参加者5名〔女性5名〕 川庄和子        
    〔参加者名〕 鎌田文子 板場祥子 高原春子 東 桂子 ◎川庄和子      
     尾根道には、ギンランと山ツツジが数日前の雨で綺麗に輝いていた。天気にも恵まれ、おしゃべり  
    もはづみ、楽しい山行でした。            
                     
  ≪レディス185≫ゆる山歩きその5 入笠山        
    5月31日(水) 晴 参加者7名〔女性7名〕 近藤恵美子    報告者:野口久子  
    〔参加者名〕 伊藤ヨネ子 小林富子 平林陽子 平山今紀江 ○野口久子 ○海老井稔枝   
            ◎近藤恵美子                   
     展望と花の名山入笠山は、芽吹いたばかりのカラマツ林の中を大河原湿原から歩き出す。山頂では  
    名だたる山々の展望を楽しみ、山野草公園に向かいすずらんの花畑やクマガイソウ、アツモリソウ、  
    ヤマシャクヤクなどの花々も見ることができました。