会則-1章(総則)2章(組織及び運営)

  

むさしの支部会則

1章 総則

第1条【名称】

       本会は「新ハイキングクラブむさしの支部」と称する。

 第2条【信条と目的】

       本会は山行等によって、山野を愛し自然とのふれあいを深めるとともに、登山は常に危険を伴うものであるとの認識に立ち、登山の基礎的な知識と技術の習得に努め、加えて心身の健康保持をはかり、会員相互の親睦と、人生の生きがいを深めることを目的とする。

 第3条【事業】 

      本会は前条の目的を達成するため次の事業を行う。

     1.会員中の係(リーダーとも呼称する)による山行の実施。

     2.会員相互の山行に関する研究および情報の交換。

     3.会報の発行および情報の伝達。

     4.その他前各号に付随する諸事業。 

 第4条【事務局】

       本会の事務局は代表の指名した委員宅に置く。

 

第2章 組織および運営 

  第5条【委員および任務・義務】

       本会は次の役員で構成され任務を各々分担する。

     1.支部長1名。むさしの支部を代表する。(調整と山行実施の把握)

     2.委員若干名。総務・企画・会計・保険・広報・発送・通知・遭難対策および連絡を担当して、会の任務を

      分掌し、(支部長および委員相互の兼務を妨げない)相互連絡を密にして会員の総意を汲み会の運営

      にあたる。

     3.係若干名。(支部長および委員の兼務を妨げない)相互の連携を保ち、むさしの支部の山行を計画、

       実施に責任を持つ。ただし、その責任において補助者を委嘱することができる。

     4.委員および係はその期間中といえども、性格・技術・能力が適さないと認められたときは、委員会の決

       議によりその任務を免ずる。

     5.委員および係は、山行中細心の注意を払い事故の無いよう努め、万が一事故が発生した場合は保険

       担当者に手続きを依頼し、速やかに支部長まで事故報告を提出する。 (報告書は別紙のとおり)

     6.委員および係は、営利目的の山行を行ってはならない。

     7.委員および係は、貸切バス利用の山行費用に対しては参加者の人数に左右されるので、最終参加人

       員数とキャンセル料徴収等を基準にし、費用を修正して徴収するよう努める。

  第6条【委員および監査役の任期】

委員および監査役の任期は特に申し出のない限り3年とし、再任を妨げない。

  第7条【委員および監査役の選出】

      1.支部長は委員の互選によって選ばれる。

      2.委員・係は会員の推薦によって、委員会の承認を得て支部長が委嘱する。

      3.その他の委員は、必要に応じて委員会より委嘱する。また、選出方法は前項に準ずる。

      4.会計監査役2名(うち1名は委員の互選とし、また、会員から1名を委員会で推薦し支部長が委嘱

        する)

      5.委員および監査役に欠員が生じた時は補欠選任を行う。(その選任をしないことができる)選任された

        者の任期は前任者の残存期間とする。

  第8条【委員および監査役の報酬】

       委員および監査役はすべて無報酬とし、会費の納入・山行費用の負担等一般会員と同様とする。委員および係が山行資料の作成等に要した費用は山行に参加した者から徴収することができる。

  第9条【総会および委員会等】

        総会は特に必要のある場合実施する。

      1.ただし、忘年また新年山行の会を以ってこれに替えることができ、別の事情がある場合は、支部長が

        委員にはかって招集する。

      2.委員会は、努めて3ヶ月1回、また支部長が必要と認めたとき、および委員の半数以上からの申し出

        があった場合召集して実施する。

      3.総会(実施の場合)および委員会で討議決定した事項は、会報を以って会員に伝達する。